よくある質問

Q:この相談室はどんな団体がやっているのですか
A:くらしの相談ダイヤルを運営しているのは、一般社団法人くらしサポート・ウィズです。多重債務が大きな社会問題となった時に解決するための相談機関として、パルシステム生協連合会と生活クラブ生協・東京と有識者が「生活サポート生協・東京」(2006年12月)を設立しました。組合員以外、東京以外からも相談を受けられるようにするために「一般社団法人くらしサポート・ウィズ」(2016年12月)を設立し移行しました。くらしのテーマを区切らず受けている生活総合相談室です。

Q:この電話ではどんなことも相談できますか
A:はい、基本的にどのようなことでもお話伺っています。まずは内容を簡単に伺ってこちらではお答えが難しい場合、別の機関を紹介することもあります。

Q:相談できる時間はどれくらいですか
A:相談時間はお1人15分程度が目安です。また、原則、1日1回までとなっています。

Q:相談するのにお金はかかりますか
A:相談は無料ですが、通話料金は利用者負担となります。

Q:通話料金はいくらですか
A:ご自身が契約されています携帯電話会社の契約内容によって異なりますので、お手数ですが携帯電話会社にお問合せください。

Q:メールで相談できますか
A:メール相談は受け付けておりません。相談は電話か、LINEにてお願いします。

Q:自分が相談した内容が外部に漏れる可能性はありますか
A:原則として、電話相談は匿名で相談を受け付けしており、相談者と相談内容が特定されて外部に漏れることはありません。
法律相談や居住支援相談などで必要な場合のみ、個人の情報を得る場合がありますが、個人情報保護方針に則り運営をし管理しています。 ただし、相談の品質向上のために、個人が特定できないよう加工した上で報告書の作成や研究・調査・検証することはあります。