地域で活動しているコミュニティ・ビジネスやカフェの紹介

GOODWORK AND CAFE.

大学生(チームCOKO)からの報告です♬


「さいごの」担当:えび 大学卒業前に、一番最初の取材先だった「こみcafe(こみっとぷれいす)」さんに行ってきました。

続きを読む

いつもコーヒーを頼んでいたので、今回はホットジンジャーを、合わせてクッキーもいただきました。

お店に知っている方はいらっしゃらなかったものの、看板に、ドアに、パッケージにこみすんを見つけてほっこりしました☺️

陽の光がいっぱいの店内でゆっくり座りながら、私たちの活動について考えていました。

1人ではなく3人のメンバーと一緒に活動する過程で、自分の弱さ幼さを直視することが何度もありました。そのどれも乗り越えた!なんて全然言えないけれど、この活動を始めて仲間を募らなければ見えなかった自分や、生まれなかった葛藤がありました。

一緒に活動してきたメンバーには最後まで右往左往して頼りない先輩で申し訳なかったと思います。でも参加しようと手を挙げてくれて嬉しかったです、ありがとう😌

そして、「支援」という言葉について、

就労支援の活動を見て始まったこのインスタグラム企画は、それぞれ「支援」を行なっている場に行って取材するものでした。

けれど、そこで毎回お話を聞くたびに、誰かが誰かに与えるだけの「支援」ではなく、場を作る人、働く人、お客さんとして来る人がそれぞれ生活の一部として集まり成り立っていました。

どの取材先でも、そこに何かをしてあげるという押し付けのような感情を感じたことはありません。

自分じゃない誰かと一緒に何かをすること、「居場所」についてはこの活動で得た記憶や気持ちを持ちながら、ずっと考えていきたいです。

こみっとぷれいすさんがカフェをオープンした頃からこのインスタグラムの企画も始まりました。なので一方的にですが、同級生のような気持ちを持っています。

何かに対して情熱を持ち続けること、それを共有し続けることがとても難しいと感じていた今、またここを訪れて背筋がしゃんとしました。

自分語りが多い記事になってしまいました!ごめんなさい!

これまで、丁寧にお話をしてくださった取材先の皆様、様々な取材先に繋いでいただき、活動をサポートしていただいたくらしサポートウィズの皆様に厚くお礼申し上げます。

最後の記事をどうしようかと長く悩みましたが、今の感情をぶぁーーーっと吐き出した記事を投稿させていただきました。

これからはこのアカウントを見る側として、次の投稿を楽しみに待っています🌱

インスタグラムへリンク

こみっとプレイス

誰もが参加できる「居場所」と「働く場」づくりを目指す♬


季節も変わってお菓子も変わる。

続きを読む

九月。気づけば秋の気配も漂っています。

飲食関係は今もなかなかイベントを行えませんが、少ない機会に新しいお菓子をお客様に目の前で見ていただけるのはうれしいですね。

写真手前はマカロン。チョコレートのクリームをアーモンドの生地で挟んだもの、ストロベリーチョコを挟んだものなど展開中。今後の期待株です。右はコーヒーゼリーと牛乳ゼリー。夏には涼しげでさっぱりだと、人気を博しておりました。奥はシフォンケーキの抹茶味。シフォンケーキは以前から作っていましたが、抹茶味とココア味も考案しました。今後もいろいろなお菓子を作っていきますので、ぜひこみっとへお越しください。

インスタグラムへリンク

のんびる『9・10月号』

パルシステムが発行する地域活動応援誌♬


特集ジェンダーについて話そう 「くにたち男女平等参画ステーション パラソル」(東京都国立市)は、 女性と男性および多様な性の平等参画に取り組む施設です。 木山直子さんは、男女平等参画の活動に長く関わりながら、 4人の息子さんを育ててきました。 そのなかで何を感じ、問いつづけてきたのでしょうか。 相手の孤独感を思いやる。気づきの場が社会を変える 木山直子さん(「くにたち男女平等参画ステーションパラソル」ステーション長)

続きを読む

刷り込まれた「ジェンダー規範」

「くにたち男女平等参画ステーションパラソル」は、
JR中央線国立駅高架下の「国立駅前くにたち・こくぶんじ市民プラザ」にあります。
強い日差しから人を守るパラソルには、いろいろな色や形、素材があります。
「その下で話したり、休憩できる場を」が由来です。

パラソルでは「一人ひとりが性別にかかわらず自分らしく」を目指し、女性のさまざまな相談にのるほか、性の多様性に関する講座など啓発活動に取り組んでいます。
「日々寄せられる相談から、刷り込まれた『ジェンダー規範』を痛感する」と木山さんはまず語ります。

「〝自分として〟ではなく、〝妻として〟〝母として〟の悩みを話す方が多いんです。
女らしさ、妻らしさ、母らしさの規範の根が深いから、そこからはみ出すと『私は間違っている』と感じてしまう。
そうしたジェンダー規範がどこで刷りこまれたのか。
家庭か、メディアか、社会か……たぶんあり過ぎるんでしょうね」

学生時代から演劇を愛した木山さん。
脚本家への夢をあきらめ、結婚したのは25 歳のとき。
妊娠中毒症を患ったため、出産を機に仕事を辞め、専業主婦になります。

続きはのんびる9・10月号をご購読ください。


◆最新号はコチラ!

特集:ジェンダーについて話そう

バックナンバーもご注文いただけます。
セカンドリーグ ロゴ