地域で活動しているコミュニティ・ビジネスやカフェの紹介

GOODWORK AND CAFE.

大学生(チームCOKO)からの報告です♬


「さいごの」担当:えび 大学卒業前に、一番最初の取材先だった「こみcafe(こみっとぷれいす)」さんに行ってきました。

続きを読む

いつもコーヒーを頼んでいたので、今回はホットジンジャーを、合わせてクッキーもいただきました。

お店に知っている方はいらっしゃらなかったものの、看板に、ドアに、パッケージにこみすんを見つけてほっこりしました☺️

 

陽の光がいっぱいの店内でゆっくり座りながら、私たちの活動について考えていました。

1人ではなく3人のメンバーと一緒に活動する過程で、自分の弱さ幼さを直視することが何度もありました。そのどれも乗り越えた!なんて全然言えないけれど、この活動を始めて仲間を募らなければ見えなかった自分や、生まれなかった葛藤がありました。

一緒に活動してきたメンバーには最後まで右往左往して頼りない先輩で申し訳なかったと思います。でも参加しようと手を挙げてくれて嬉しかったです、ありがとう😌

 

そして、「支援」という言葉について、

就労支援の活動を見て始まったこのインスタグラム企画は、それぞれ「支援」を行なっている場に行って取材するものでした。

けれど、そこで毎回お話を聞くたびに、誰かが誰かに与えるだけの「支援」ではなく、場を作る人、働く人、お客さんとして来る人がそれぞれ生活の一部として集まり成り立っていました。

どの取材先でも、そこに何かをしてあげるという押し付けのような感情を感じたことはありません。

自分じゃない誰かと一緒に何かをすること、「居場所」についてはこの活動で得た記憶や気持ちを持ちながら、ずっと考えていきたいです。

 

こみっとぷれいすさんがカフェをオープンした頃からこのインスタグラムの企画も始まりました。なので一方的にですが、同級生のような気持ちを持っています。

何かに対して情熱を持ち続けること、それを共有し続けることがとても難しいと感じていた今、またここを訪れて背筋がしゃんとしました。

自分語りが多い記事になってしまいました!ごめんなさい!

これまで、丁寧にお話をしてくださった取材先の皆様、様々な取材先に繋いでいただき、活動をサポートしていただいたくらしサポートウィズの皆様に厚くお礼申し上げます。

最後の記事をどうしようかと長く悩みましたが、今の感情をぶぁーーーっと吐き出した記事を投稿させていただきました。

これからはこのアカウントを見る側として、次の投稿を楽しみに待っています🌱

 

 

インスタグラムへリンク

こみっとプレイス

誰もが参加できる「居場所」と「働く場」づくりを目指す♬


興味や好奇心 大事に育てて(一杯の珈琲から 一部抜粋)

続きを読む

こみっとプレイスの周辺では梅に桜と春らしい花の季節も過ぎゆき、あっという間に新緑の四月を迎えました。暖かくなるにつれ増えてきたイベントに合わせて外に出る機会も増えてきました。

参加したイベントとして「ひきこもり」がありました。

私自身、元ひきこもりなので興味もあって顔を出したのですが、一参加者として当事者の方の話に耳を傾ける時もあれば、元ひきこもりとしての経験を話して保護者の方と受け答えすることもあり、いずれの場でも「ひきこもり」という状況への支援ないし対応の在り方について考えさせられる機会になりました。
また、これまで趣味で収めていた風景写真をお見せする機会があり、自分なりの楽しみについて改めて考えました。

インスタグラムへリンク

のんびる『3・4月号』

パルシステムが発行する地域活動応援誌♬


JR総武線市川駅北口から手児奈通りをまっすぐ歩くこと約10分。 商店街の一角にある「アランチャ・ドレッシング」は去年9月ここに移転開店しました。 それまでの拠点は、店主・田中和子さんの自宅駐車場に建てた小さなプレハブ工房。 売り上げの多くは、通信販売と卸が占めていました。 「台所起業からプレハブ工房を経てついに商店街デビュー」 田中和子さん(「アランチャ・ドレッシング」店主 千葉県市川市)

続きを読む

市川市の定番みやげに選出
ドレッシングは、今や食卓に欠かせないほどポピュラーな存在。
スーパーに行けばさまざまな種類が並んではいますが、アランチャ・ドレッシングのような専門店はかなり珍しいのではないでしょうか。
昨年春に市川市が発行した冊子『いちかわLoveな定番みやげ』には、市民の投票で選ばれた11品の一つとしてアランチャ・ドレッシングが掲載されています。
国産リンゴとタマネギを使った看板商品の「アランチャオリジナルドレッシング」は、創業以来ずっと一番人気。
10種類ある商品の食材の多くに、地産地消(田中さんの郷里広島も含め)の思いが組み込まれています。
「定番みやげに選ばれたことが励みになって、(プレハブではなく)店舗をもってもやっていけるかもと思いました」と、田中さん。
製造量が増えてきて、プレハブ工房が手狭にもなってきていました。とはいえ、立地がよければ家賃が高い。
迷っていたところに、一気に決断へと動いたきっかけがコロナウイルスでした。
お店ができたことで、味見をして買ってもらえたり、偶然通りかかった人が立ち寄ってくれたり、80代のおじいさんが常連になってくれたり。
「冬場は普通なら売り上げが落ちるのですが、お歳暮などギフトの注文が増えて、なんとか家賃も払えるほど売り上げられています」。
今やアランチャ・ドレッシングは「小さな仕事」の枠を超えているかもしれません。
でも、もともとは、自宅台所で製造している本当に小さなちいさなお店でした。

 

続きは特集食と農の小さな仕事づくり、店づくりをご覧ください。


◆最新号はコチラ!

特集:食と農のちいさな仕事づくり、店づくり

バックナンバーもご注文いただけます。
セカンドリーグ ロゴ