地域で活動しているコミュニティ・ビジネスやカフェの紹介

GOODWORK AND CAFE.

大学生(チームCOKO)からの報告です♬


「さいごの」担当:えび 大学卒業前に、一番最初の取材先だった「こみcafe(こみっとぷれいす)」さんに行ってきました。

続きを読む

いつもコーヒーを頼んでいたので、今回はホットジンジャーを、合わせてクッキーもいただきました。

お店に知っている方はいらっしゃらなかったものの、看板に、ドアに、パッケージにこみすんを見つけてほっこりしました☺️

 

陽の光がいっぱいの店内でゆっくり座りながら、私たちの活動について考えていました。

1人ではなく3人のメンバーと一緒に活動する過程で、自分の弱さ幼さを直視することが何度もありました。そのどれも乗り越えた!なんて全然言えないけれど、この活動を始めて仲間を募らなければ見えなかった自分や、生まれなかった葛藤がありました。

一緒に活動してきたメンバーには最後まで右往左往して頼りない先輩で申し訳なかったと思います。でも参加しようと手を挙げてくれて嬉しかったです、ありがとう😌

 

そして、「支援」という言葉について、

就労支援の活動を見て始まったこのインスタグラム企画は、それぞれ「支援」を行なっている場に行って取材するものでした。

けれど、そこで毎回お話を聞くたびに、誰かが誰かに与えるだけの「支援」ではなく、場を作る人、働く人、お客さんとして来る人がそれぞれ生活の一部として集まり成り立っていました。

どの取材先でも、そこに何かをしてあげるという押し付けのような感情を感じたことはありません。

自分じゃない誰かと一緒に何かをすること、「居場所」についてはこの活動で得た記憶や気持ちを持ちながら、ずっと考えていきたいです。

 

こみっとぷれいすさんがカフェをオープンした頃からこのインスタグラムの企画も始まりました。なので一方的にですが、同級生のような気持ちを持っています。

何かに対して情熱を持ち続けること、それを共有し続けることがとても難しいと感じていた今、またここを訪れて背筋がしゃんとしました。

自分語りが多い記事になってしまいました!ごめんなさい!

これまで、丁寧にお話をしてくださった取材先の皆様、様々な取材先に繋いでいただき、活動をサポートしていただいたくらしサポートウィズの皆様に厚くお礼申し上げます。

最後の記事をどうしようかと長く悩みましたが、今の感情をぶぁーーーっと吐き出した記事を投稿させていただきました。

これからはこのアカウントを見る側として、次の投稿を楽しみに待っています🌱

 

 

インスタグラムへリンク

こみっとプレイス

誰もが参加できる「居場所」と「働く場」づくりを目指す♬


東池袋フレイル対策センターいーとこ内にある「いーとこカフェ」を始めてから約3か月経ちました。

続きを読む

メニューも、うどんやキーマカレー等初期からあるものから、パンケーキや餃子定食等新しいメニューが加わりました。

利用される方の層も変わり、施設の利用者さんが大半だったのが、お子さん連れのママさんや学生のような若い人もくるようになりました。

慌ただしい日常の中で、良い変化があると良いなと思っています。慣れない揚げ物料理に苦戦しながら頑張っています。コロナウイルスの心配もある中で、「是非皆さんで来てください!」とはなかなか言うには難しいですが、自分たちが出来る感染対策をして、安心して食事をしていただけるよう、お待ちしております。

インスタグラムへリンク

のんびる『11・12月号』

パルシステムが発行する地域活動応援誌♬


「少しずつ、生活を取りもどしていかなくては…、そう思った。ささやかでもいいんだ、笑って過ごせれば」 本特集のエッセイ「コロナといのちと子どもの笑顔」にある西田誉子さんの言葉です。 新型コロナウイルスが終息の兆しを見せないなか、子どもが安心できる暮らしを願う母親たち。 多文化保育、地域の居場所、子ども食堂など、さまざまなかたちで子育てを応援する場と人。 親子を笑顔にするために――ここではその一部をご紹介します。

続きを読む

「しょ、しょ、…しょ…」
「…しょ?」
目の前にあるから「しょうどく」と言いたいのだろう。
子どもは、ことばがうまく出なくなっていた。
ことばは出ず、肩だけが上下している。子どもは、支援学校に通う中学生。
もともとたくさん話せるわけではないけれど、単語も出なくなっていた。
コロナで学校はお休みになり、今、そのまま春休みに突入していた。

桜が咲き、散って、いつのまにか進級した。
こんな中でもクラス替え、うらめしいが、担任の先生は同じでほっとした。
学校が徐々に再開し、かたちだけは通常に戻っていったけれど、
子どものことばは、なかなかもどってこない。
相談してみると先生も「コロナまえより、ちょっとでにくいかなと感じています」とのこと。
子どもはこだわりが強い。
いつもと違うことへの緊張感などもあるのかな、と。
今すぐなにが原因とはいえないし「しばらく様子を見てみましょう」となった。
少しずつ、生活を取り戻していかなくては・・・、そう思った。

続きは特集コロナと子どもをご覧ください。

 


◆最新号はコチラ!

特集:コロナと子ども

バックナンバーもご注文いただけます。
セカンドリーグ ロゴ