地域で活動しているコミュニティ・ビジネスやカフェの紹介

GOODWORK AND CAFE.

大学生(チームCOKO)からの報告です♬


『かわいい💕クッキー』担当:カズ

続きを読む

今回伺ったのはクッキープロジェクト「おかし屋マーブル」さんです!

 

マーブルさんで売っているものは様々です。その中でも一番多いのはクッキー🍪

いろいろなお店のクッキーがありますが、どれもパッケージとポップがかわいい😳💕

 

実はPR企業の方の指導の元、お客さんがつい手に取りたくなるようなパッケージやポップを目指しているんだそうです!

 

マーブルさんは埼玉県小児医療センターの中にあるお店です。子供連れの来客も多いそうで、マーブルさんのかわいいクッキーをご褒美にと買うことも◎

 

見た目もステキですが、もちろん味も最高!😆実際、マーブルさんにお話を伺っている最中、お客様が「これ美味しいのよね!」とクッキーを1つ買って行きました。

 

私も自分用に3つクッキーを購入!マーブルさんには甘いクッキーからしょっぱいクッキーまで色んな味があるので悩みました😅

お家に着いてから食べてみると、ちょうどよく甘いクッキーで、1日で食べきってしまいました🙋‍♀️

 

皆さんもお気に入りのクッキーを見つけてみてください💖

 

📍埼玉県立小児医療センター2F プレイルーム隣(さいたま市中央区新都心1-2)

⏰平日10:00〜17:00

 

 

インスタグラムへリンク

こみっとプレイス

誰もが参加できる「居場所」と「働く場」づくりを目指す♬


こみっとプレイスでは二月から居場所サロンを始めました。

続きを読む

4/12(金)は第3回居場所サロン。
「時間を忘れる心地よさ」という話題から始まり、「不安の正体って?」というお話へ。
他人の価値観に縛られて苦しい、「誰だか分からない、人の握る綱を渡るような感覚」は共通してあるようでした。
次回は夜の居場所、4/24(水)の18時より開催致します。

クリックすると拡大します↓

インスタグラムへリンク

のんびる『8月号』

パルシステムが発行する地域活動応援誌♬


就職活動に失敗した1人の若者が、喫茶店を ひらきます。その名は「しょぼい喫茶店」。

続きを読む

しょぼい喫茶店https://twitter.com/shobokitsu」では、昨年から「いつでも子ども食堂」と銘打ち、18歳未満のお客さんは飲食費無料のサービスも行われています。「イベント的ではなく、いつ、誰が来てもいい、というスタイルにしたかったんです。・・・子どもの貧困や生きづらさの解決に、このサービスがどれだけ寄与しているのか、正直わかりません。それでも、続けていきます。『しょぼ喫』には、いろんな人たちが来ます。無職の人、生きづらさを抱えた人、発達障がいや精神障がいと向き合う人……。僕自身、就活に失敗して、死にたいと悩みました。いろんな人がいて、いろんな人生があって、それでも生きていけることを、この店でみんなに知ってほしいんです。僕自身ここで、そのことを知りましたから。もし自分が、自分の子どもが悩んだとき、ここを思い出してほしい。・・・みんなが自由に楽しく、ふらふらと、しょぼく生きていける。それを知ることが、子どもにとっても大人にとっても、セーフティネットになると思います」(店長の池田達也さん)。

池田さんが登場する『のんびる』8月号、池田さんの『しょぼい喫茶店の本』あります♪

 


◆最新号はコチラ!

特集:子どもがしんどくなったら・・・ 

バックナンバーもご注文いただけます。
セカンドリーグ ロゴ